10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2014.05.17 (Sat)

人間、環境が変わると 思考形態も変わる のかもしれない-NOTE

「PC を新調するまで、新しい Free Novel Game 作品を DL しない (ページを開くのにも時間がかかるようになったから)」という誓いを立ててから、すでに一年以上が経過してしまった。

新作公開のサイクルに追われるような状況から脱することで心的余裕を手にはできたが、それと同時に Free Novel Game に対するアンテナの受信強度もいささか失われたように思える。


いよいよ XP さんのサポートが終了して「OS を乗り換えないと、サイバー攻撃に対する (自他ともに) リスクガー」と戦々恐々としている世論に当てられて、「こりゃ、早く PC を買わなきゃなあ」と考えてはいるものの、いまのところ、そんな予定はないのだ。


そもそも、わたしは「Free Novel Game 的」と呼ばれるもの、つまり、我らが「NaGISA の大先生サマ」が礼賛しているような作品 (が持つ傾向) が好きなわけではない。

それでも、そこは (良い意味でイイ加減な) アマチュアの趣味世界、そんなわたしでも、なんらかの関わり方ができるのではないか、と思ってきたものだ。

しかし結局は、世に溢れる多くの芸術・娯楽・音楽・ファッションとおなじように、Free Novel Game もまた、ある程度の (メジャーなオタク・コンテンツに対する) 素養・感受性がなければ充分に楽しめない、という現実を、なんとなく自覚するようになってしまった自分がいる。

そんな世界のなかで、例えば「自らの審美眼で選んだ作品を、『他人さまに知的な刺激を与えることがまったくできそうにないキャプション』で飾りつけたうえでアーカイブス化する活動」の向こうを張ろうとすることに、どれだけの意味があるというのか。

「並べて世はこともなし (=現状、まるっとすべて無問題)」とは究極の思考停止だ! と思う一方で、このことばが大好きなわたしがいる。

(Free Novel Game の「Free」には「無償・無料」という意味しかない)



関連記事
00:40  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog.fc2.com/tb.php/991-87ff31a5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |