09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.01.29 (Tue)

「Free Novel Game」 なんて 消えてしまえば 良い-NOTE

昨年、フジテレビで放送していた、ロックミュージシャンを特集したドキュメンタリ番組で、Patti Smith さんがコメントを出していた。

彼女は、世間が自分のことを「パンクの女王」と称することをあまり歓迎しないとし、「わたしはただ自由にやりたいことをやってきただけなの。Freedom なのよ」と語っていた。

素直に「表現者としてカッコ良い」と思えた。




昨日はひさしぶりに悪意が大暴れしてしまった。

だが、考えてみれば、たかだか「ノベルゲーム」で描かれている恋愛に対してマジギレして当り散らす、というのも人としてどうかと思えてきたので、ちょっと反省した。

今回はもうすこし冷静になろう。



More ......



とりあえず、『Ghost Write』に「やいのやいの」いうのはやめにして、逆にフォローしてみることにする。


仮に道玄斎さんのいうとおりに、この作品のヒロインが「なにかしらの個性付け」をされた、どこか「イタい」少女になっていたら、それこそむしろ雰囲気ぶち壊しというものであろう。

別に、物語の展開や作品の世界観と調和しているのなら、登場人物が地味だろうがキャラクタ性が薄かろうが、問題ないのではないか。この作品だって、その点においては良く書けていたと思う。

それともなにか? 「恋愛もの」に登場するヒロインというのは、常におまえ(ら)が好むような「個性」を備えていないといけないのか。おまえ(ら)が「擬似恋愛」できるように「魅力的」に「加工」されたキャラクタでなければ許されないとでもいうのか。アホか。


この「ノベルゲーム制作入門講座」のエントリ群にからは、どこか道玄斎さんなりの「ノベゲはこうあるべき!」というような「押しつけがましさ」が感じられて、息苦しい。

だがそもそも、なぜ作品が「正しいノベゲ」の体をなしていなければならないのだろうか? そんなことをいったいだれが決めた? そんなものはただのつまらない思い込みではないかと、疑ったことはないのか?

世のなかには「ノベゲ」の範疇からははみ出してしまうが、しかしそれでも美しい作品というものはいくらでもある。道玄斎さんは、そういった作品を「ノベゲ的でないから」と無視するのか。それはあまりにも悲しいことではないか。

そうして、やがては自分の講座に感化された製作者が、自分に好ましい「ノベゲ」を作り続ける様子を眺めて満足したいのか。「仲良し」同士で情報を共有させながら。そんなものが「ノベゲ界の発展」なのか。


わたしは、もう「Free Novel Game」という呼称、そのフレーム自体をなくしてしまえば良いと考える。「サウンドノベル」が「未知のジャンル」であった時代は、とうに過ぎたのだから。

もう、無料の(Free)小説的な(Novel)ゲーム(Game)という発想は捨ててしまおう。そうしなければ、結局は「商業並み」にデコレートされた「ノベゲ」だけが生き残っていくだけだ。それはあまりにつまらない。

わたしたちもただの「Freedom」になろう。束縛されないものに。無料というだけではなく、小説的であるというだけではなく、ゲーム性を備えていなければならないというわけでもないものを作るのだ。自分を信じるままに。

そういった「作品」が溢れる世界こそが、よほど望ましいというものである。



……「NaGISA 大先生」のおかげで、考える時間が足りなかったが、なんか良い感じ?



関連記事
02:15  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog.fc2.com/tb.php/757-ca621ac5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |