10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2012.09.22 (Sat)

ノベゲって 平成ライダーと タメくらい?-NOTE

「フリーゲーム界」という趣味人の世界は、大きく「発展」することのない環境だと書いた。

その「フリゲ界」のなかのいちジャンルである「Free Novel Game(ノベゲ)」も当然おなじ宿命にあるので、騒ぎたてるほどの「衰退」など半信半疑だったのだが、考えてみれば、いつのまにかノベゲも長命なコンテンツになっていたのだと気づいた。


「NaGISA 大先生」のレビューでは、いちばん最初のレビュー作品である『ハーバーランドでつかまえて』を「古典的名作」と称している。その「古典作品」の公開時期が「2000年 11月」であることから、ノベゲにおける「黎明期」をだいたい「2000年」くらいのものであると推定してはなしを進める。


とりあえず、この 12年で「windows」は何世代くらい刷新されたのか。

競合する「娯楽」でいえば、その頃には「ソーシャルゲーム」はなかった。「ニコニコ動画」もなかったし、「スマホ」も「タブレット」もなかったし、「PS3」も「XBOX360」もないから、いまではあたりまえの快適なネット対戦環境もなかった。というか「Twitter」すらなかった。

あるいは「48 Franchise」のような「ビジネスモデル」もなかったし、韓国では日本大衆文化の開放途中であったし、「SNK」はまだかろうじて「生きて」いた。

ネットインフラでいえば、「光通信」はおろか、「ADSL」ですら完全に普及しているとはいえなかった。「大先生」の初期の頃のレビューを読めばわかるが、「作品の容量」が重要な評価要素として挙げられていることがあった。これは当時の通信環境がいまと比べものにならないほどに脆弱だったためである。たった「数十MB」の作品を DL するのに何分(あるいは何十分)もかかる、という時代があったのだ。(といっても、わたしも良く知らないのだが)

次々に現れたインターネット上のサービスが、時を経てどれもこれもことごとく消え去ったことを考えれば、ほそぼそとではあるにしても 10年以上も存続している「Free Novel Game」だったら、そりゃあ大きな浮き沈みもあるわな、と思えてきた。それを「衰退」ととるかは、個人の感覚というだけで。


だいたい、「大先生」やその周りにいる人たちは、わりと以前から「ノベゲとレビューの衰退」をくちにしていたような印象があるのだが、具体的にどのような根拠を持ってそう主張をしているのか、良くわからないところはある。

わたしが不勉強なだけかもしれないが、ノベゲへの新規参入者がガクッと減ったような実感もないのだけれど。もしかしたら古参の製作者は減ってきているのかもしれないが、それってただの世代交代、どこにでもあるはなしではないか。


いや、そもそも論として、仮に「30人」の新規参入者がいたとき、最終的にそのうちのひとりやふたりしか生き残らなかったとしても、別に問題ないのではないか。「フリゲ=ノベゲ界」とはもとよりそういう世界なのだから。

それなのに、自分のなかで勝手に「フリゲ=ノベゲ」を権威化して「フリゲ界の『発展』を妨げるもの、許すまじ!」とか「ボクがノベゲレビューの『最後の牙城』になる!」とかいきりたつからおかしなことになるわけで。

はっきりいえば、製作者とは保護すべき「絶滅危惧種」などではない。ただの「雑草」でしかないのだ。そしてわたしたちは、そんな雑草の持つ「力強さ」や「美しさ」に魅せられていたのではないのか。あるいは、おなじ雑草として。

レビュアーが「雑草も薔薇ほどの価値がある」というとき、それはだれの耳にも心地よいキレイゴトであろうが、しかしそれは大変な欺瞞である。結局は「薔薇を愛したい」というだけのことなのだから。そうではなく、「雑草そのもの」を愛せよ。


英雄気取りの大言壮語は、確かに周りにいる人間からすれば美しくも頼もしくも聞こえるのだろうが、そこからはじかれた人間にとっては良い迷惑なだけだ。もちろん、それらを省みることもないからこその「英雄」なのだろうが。

結局、わたしは他人さまの見る「ノベゲ界」をあまり信用していないのだった。



More ......



そうだ、まったく意味がわからないよwww


そして、ある意味では「NaGISA 大先生」よりもわたしのほうがノベゲを愛しているともいえるし、「Aura911」や「Conscience」といった「ニセモノ製作者」は先に「絶滅」してもらってもかまわないとも思うwww


というか「エセ良心」、吠えるだけ吠えて放置プレイとか、ヒッドイはなしだわwww 「大先生」以外のレビュアーも、みな礼賛の同意見なわけえ?www



関連記事
02:47  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2012.09.22(土) 12:51 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog.fc2.com/tb.php/715-b1606fe9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |