10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.07.11 (Mon)

幻想少女のツラを割れ-Hell in the mind.

わたしは、

「優しさ」や「純粋さ」や「無垢」のような

どこかの誰かに都合が良いだけの「善」を

「オンナ」の身体に押し込めて創られた

「美少女」なる「生き物」が、

大キライなんだ!




……別に「オンナノコ向け」のゲームに出てくる「美少年」も、そうとうイカレてるとは思うけど。まあ、要するに、製作者が提示してくる「欲望」に、乗れるか乗れないかというはなし。


なんか最近、「美少女」が出てくる作品を読んでいると、途中でソイツを蹴り飛ばしたくなってくる。「リアリティ」うんぬんというよりかは、ソイツを「創った」カミサマの意図が透けて見えてくることが、イライラの原因だけど。

NaGISA さんは「作者さんの意図やらを一度受け止めて、そして自分の意見を返す。そのキャッチボールがないと、レビューには価値がありません。私に言わせていただければ、akinoさんにはそれがないのです」と、わたしのことを批判したけど、正直、製作者の意図なんて「受け止めて」られないね。「美少女」なんてノイズだから。そんな「毒電波」みたいなものを受け止めてたら、あたまがおかしくなる。もうすでに「おかしくなってる」有名レビュアーもいるけどね。


というか、作品中に「ヒロインがいかに非凡な容姿をしているか」をズラズラと書き連ねる製作者は、「人間」を描く気がないのだなあ、と思っちゃうね。それはただのホームビデオ。親バカ親が「娘」のためにつくるイメージビデオ。その程度。

いや、「物語を通して他人になにかを伝えたいのなら、人間を描くべきである!」とか書くと、NaGISA さんと同レベルになるから、押しつけるわけじゃないけど。

でも、「感動」だのなんだのと謳うのなら、もうちょっとマトモなものを作ってほしいよ。バカを騙すようなやり口じゃなくてさ。



関連記事
22:23  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

少なくとも私は小説やもどき文章諸々を書く時に、容姿の描写をすることがあまりありません。最低限、特徴程度に留めます。風景とかなら描写するんですけどね

容姿なんて専門の方に任せちまえ、なんて思うのは私だけでしょうか。大体、昨今の創作物に美少女が出てくるのは当たり前な気がしないでもないですし、描写しても無駄なような気さえしています。読み手が想像するのも楽しみの一つでしょうし、容姿なんて平々凡々なものを書いても仕方ない、と私は思います

おかげで挿絵のあるラノベはあまり買う気がしないんですよね。カバーやタイトル部分はともかく、作中にまで絵があるのは好みじゃないです

首の描写? あ、見逃してください。あれは美少女もクソもありませんけど見逃してください
アヤメ |  2011.07.12(火) 01:07 | URL |  【編集】

アヤメさん

コメントありがとうございます。


あれ? でも過去作品のなかで「イジられ役の美少女(または、美少女だからイジられる?)」みたいな娘がいましたよねw

……って、まあ、冗談ですけど。アヤメさんが設定や文章表現の奇抜さに注力する書き手だってことは判っていますよ。確かに、容姿の描写は少ないですね。いや、「性別」しか判らないときもありますねw



というか、ヒロインが「見たこともないような美人」である必要があるのか? ってことだけなんですけどね。それを(大抵の場合)主人公が細かく「解説」してくれるのがウザくて。いや、「あばたもえくぼ」的表現なのかもしれませんけど。

例えば、その登場人物がものすごく容姿に自信がある、とか、逆に容姿に対してコンプレックスがある、とか、物語としての必然性があっての描写なら別に良いんですけど、大抵そんなことないですから。ただの「カミサマ」の娘自慢。どうでも良い。アレって、サービスかなんかだと思ってるんでしょうか?

いや、別に自分が作ったキャラクタを愛でることが悪いというわけではないんですけどね。ただ、押しつけがましくてキモい、というだけで。



そういえば、「例のRPG」がんばってくださいね。「メンドくさい」とか言わないで、良いものを作ってください。そのほうがぜったい自分のためになりますよ。

それではまた。
akino |  2011.07.12(火) 16:45 | URL |  【編集】

あれは美少女だからっていじられてるわけじゃないんですよ、決してw

単に出会い方とその先のシーンが色々酷かった結果です。主人公には既にフラグの立ってた存在もいたので、邪険に扱われまくった結果、ああなったんです。最初からそうしようとは思ってましたが(余計に酷いことを言ってる気がしないでもない)



性別が分かれば、大体の人は容姿や服なんて自分の好みで補完しますからね。昔は馬鹿みたいに基本に沿って「書いたほうが良さそう」とか思ってましたが。物語を早く読みたい私からすれば、そういうのは別に無くてもいいですし


ぶっちゃけてしまうと、服装は調べるのが面倒というのもあります。akinoさんが言うように、物語に関わることなら調べたりはしますが、全く関わりないなら必要ありませんからね。「日本一の美少女は誰か!?」みたいな話でもない限り、説明する必要のあるところだけ説明すればいい話です

物語のヒロインが「見たこともないような美人」かを語ることは、私は案としてはありだと思います。立体じゃなくて手が出せないので、より美人でないと魅力がありませんし、男が騎士道精神を発揮するにしろ、女が甘えるにしろ、どれだけ書いても書き足りない美しい人であることに越したことはありません


問題があるとするならその案自体で「そんな描写を一々書く暇があったらとっとと物語で重要な説明をするか、話を先に進めてくれ」ってことです

まして「絵」がついていればどういう外見なのかは一発ですから、わざわざ説明してくれなくてもいいんですよね。文字で絵を描いてもCGやマンガに勝てるわけが無いので、ちゃんとした文章を読ませてほしいです

つまり何が言いたいかというと「物語の説明もヒロイン自慢も創作としては自己満足なのでどっちもあり」と私は思います。読み手に「解説」なんてとられてしまった日には、きっと大失敗でしょうけど。私なんて、重要ではなさそうだったら読み飛ばすか本を置きますが

うわ、こんなん書いてたらヒロインベタ褒めの物を書きたくなったじゃないですか。どうしてくれるんですか、この気持ちw


ちなみに私は好きですよ、自分で作ったイジられ美少女。単に動かしやすいんです。話の展開を作るのがものすごく楽なんです。つまりはそんな理由です



「例のアレ」ですか……私の口癖が「面倒」なので「面倒くさい」とか言いつつも納得のいくものを勝手に作ると思いますよ

多分


長くなってしまったので好きな所で読み飛ばしてください。シメに書くことじゃありませんけど
アヤメ |  2011.07.13(水) 04:03 | URL |  【編集】

  akinoさん>

 俺たちみたいな美少女ゲーマーのことをキモいだなんて、そんな当たり前のことを今更真剣に論じられても……

 タバコが体に悪いの作文じゃないんですから……
有尾 |  2011.07.13(水) 16:28 | URL |  【編集】

有尾さん

コメントありがとうございます。



んんん?

ヒロインが大した理由もなく「美少女」である(=過剰に価値を付加して「聖女化」させる)作品は「美少女ゲー」ということになるのですか?

その視点はなかった……。

流行に影響を受けない者はいないと思って無視していたけど、立ち絵がそれっぽいゲームは、すべて「美少女ゲー」の重力圏にある?


……というか、「美少女批判」は、「美少女ゲーマー批判」になりますか?
akino |  2011.07.13(水) 23:51 | URL |  【編集】

アヤメさん

コメントありがとうございます。



えー、「ヒロインが美人なら、皆、嬉しいじゃろう」ってだけですか? まあ、そのくらいの感覚で書いているなら、問題ないような気もしますけど。


うーん、「描写の積み重ね」=「登場人物に対する(読み手の)印象」ではなく、断定的に「この娘は、これこれこういう人ですから!」と念押ししておいたほうが良いっていう感覚なんでしょうか?

製作者からの「解説」に対して「いや、わたしはそう思わない」と感じた時点で、「チクチク」した印象になってしまうのですが。


わたしの読み方が根本的に間違っているのか? ショーセツもまともに読めないなんて。がーん。
akino |  2011.07.14(木) 00:14 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.07.14(木) 02:05 |  |  【編集】

そうですそうです。「ヒロインが美人なら、皆、嬉しいじゃろう」ってやつです



擬人法の逆バージョンみたいな感じの「絹のような白い手」とか、そういう表現を含めて一つの技法だと私は思っています。だからありなのであって、美人の容姿ばっかりをあんまりにもくどくど書かれると、やっぱり鬱陶しいとも思います


念押し、とはまた違うかと。こういうのは単に自己満足で書きたいだけのはずなので「どうだ、可愛いだろう!」といったところでしょう。要するにakinoさんの感じた「ホームビデオ」という感想ないし印象であってると思います。あくまで「技法」として、という私の言葉が足りなかったですね。申し訳ないです

念押しを仮に私が使うとしたら、ラスボスにしますからね、その美少女ヒロイン。で、ヒロインには主人公の手によってお亡くなりいただきます。そういう話でもない限り、念押しは必要ないんじゃないですかね?


それと「解説」ってのは、akinoさんの「それを(大抵の場合)主人公が細かく「解説」してくれるのがウザくて」の意味そのままです。技法として文章が上手いなら、「解説」という風には受け取られないだろう、ということです。製作者は自慢してるんですから、解説してる気なんて無いと思いますし



正直、読み方なんてどうでもいいんじゃないかと。かくいう私は「どんな読み方してるの?」って聞かれると「普通に読んでる」としか答えられませんがw
アヤメ |  2011.07.14(木) 03:06 | URL |  【編集】

>ヒロインが大した理由もなく「美少女」である(=過剰に価値を付加して「聖女化」させる)作品は「美少女ゲー」ということになるのですか?

 これは間違いないと思いますわ。

>立ち絵がそれっぽいゲームは、すべて「美少女ゲー」の重力圏にある?

 これは……個人的にはそう思ってます。
 それを人に押しつけようとは思いませんが。
有尾 |  2011.07.14(木) 17:34 | URL |  【編集】

アヤメさん

コメントありがとうございます。


んあー、すみません、昨日書いていただいたコメントは(他の方も含めて)すべて「続き」で書いていたので、内容がアッチだったりコッチだったりしてしまいました。

でも、アヤメさんの考え方は、良い刺激になります。


またコメントくださいね。それではまた。
akino |  2011.07.15(金) 01:14 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog.fc2.com/tb.php/537-50129807

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |