09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.08.09 (Sat)

食事の前に 観たいようなもの ではない-NOTE

『東京喰種』を観ていると「TV アニメでスプラッタって大変なのだな」と感じる。

もちろん、制約のなかで新たな表現方法を得ていくことはあるのだろうし、スプラッタ趣味のないわたしとしては隠してくれたほうが良く、むしろ「ありがとう」なくらいなのだが、それでもあの「闇のなか」の演出に対する違和感は、やっぱり拭えない。単純に不自然なのである。

むしろ、下手に言い訳せずにしれっと描いたほうが、逆にそれほどグロく見えないのではないか、とすら感じるのだが、これも世間の風潮、しかたがないのか。


しかし、考えてみると、人間の目というものは不思議なもので、よほど気合を入れて作り込みでもしない限り、偽物を見破ってしまうところがある。どんなに特殊メイクの技術が進歩したといっても、やはり「自然の、生身の傷跡」とはどこか違うのだ。

(それは別に悪いことではなく、その「偽物感」が、ホラーに対しての「ある種の安心」を与えてくれるのだとわたしは思う。だからわりと平気)

実写系のホラー作品が「虚」と「実」をどれだけ密接させられるかが勝負の世界とは違い、アニメのように、そこに描かれたものがすべての、端からふたつの境いのない世界では、むしろスプラッタシーンも生々しく見えてしまうのかもしれない。とかなんとか。

それとも案外、ソフト化する際に「闇が晴れたり」するのかしら?

でも『東京喰種』、面白いよ。OP でテンション上がって、本編で気分が塞ぐよwww







『普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。』の舞台のモデルがどうやら、縁遠からぬ見知った地域っぽいということで、なにやら複雑。

(あれが、ロケハンなしのイメージだけでの風景だったら、逆に怖い)

「赤い犬の人 (の着ぐるみ) 」もカワイイとは思うけれど、正直、ぐんまちゃんのほうが素朴で良い感じでは、という。群馬ってキツネ出るの? という。



関連記事
01:55  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sorrry.blog.fc2.com/tb.php/1020-53473a1e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |