10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.10 (Tue)

あのころ あたいは ウニだった-NOTE

元 NaGISA のなにがしさんの「確信を持っているはずなのに相手に問いかける」あの手法は、彼のクセのようなものなのだろうか。

単に「わたしはこう思う」と簡潔に述べれば良いところを「これこれこう思うのですが、わたしだけでしょうか?」と投げかけてくる様は、まるで猫なで声を聞くかのような気色悪さがある。

要は「わたしだけでしょうか? (いえ、きっとわたしだけではないはず。あなたもそう思うでしょう?) 」といった、彼が忍ばせている期待感が透けて見えるようなのだ。なんとも回りくどく、小狡い印象が強い。


ただこれが、彼の奥ゆかしさや読み手への心遣いの表れか、あるいは会話の取っ掛かりとしてのテクニックなのだとしたら、そういうものなのかと、いくらかは理解できる。

(彼の Blog の文体は、飽くまで相手に語りかけるようなものなので)

まあ、感情的にはあまり納得はできないが。



00:25  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.10.04 (Wed)

NTT 出版-NOTE

TGS のイベントステージの動画を探していて知った『聖剣伝説 2 SECRET of MANA』。

そもそも原作とリメイクとではハードも時代も制作者も、多くの部分で異なるもの。だからわたしは (余計な感情を抱かないためにも) リメイクは飽くまでリメイク、原作とはパラレルな関係にある別物だと考えるようにしている。


……とはいえ、『聖剣 2』には思い入れがあるから、なんともかんとも。




とりあえず、TGS 2017 のイベントステージ動画で知ったことから。

『S of M』ではキャラクタ間での会話シーンなどが大量に追加されるらしい。これ、正直あまり嬉しくない。

昨今のゲーム (特に RPG のような物語性の強いジャンルで) は、容量が余っているのか声優さんにたくさん喋らせたいのかラノベなどの影響なのか、なんでもかんでも語り過ぎのきらいがある。

情報量の多さが即、ゲーム体験の深度につながるわけでもないはずなので、SFC 時代特有のさっぱり感を残してほしかった気もする。


その一方で、フィールド・戦闘周りは原作を踏襲しているようで、そこは逆に現代風にアレンジしても良かったのでは、とわがまま。

イベントステージの実機試遊では武器レベルが低かったのか、必殺技を出すことはなかったのだけれど、ゲージが存在しているところを見ると、またボタン押しっぱで延々ゲージを溜めなければならないのだろうか。あれ、ゲーム的にさして面白くはない。

それと、モンスターのルックスが可愛すぎて、ぬいぐるみをいじめているようにしか見えなくて苦笑い。3D の威力。

ルックスのことでいえばもうひとつ、これはガラケー版のときから感じていたのだけれど、イメージイラストの画風が妙にキラキラしていて、原作のあのクレイっぽい印象からすると「うーん?」というか。アニメ化に際してのビジュアルイメージ、その方向? みたいな。



これが売れたら『3』のリメイクもあるのだろうなあ。





02:04  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.10.03 (Tue)

三つ子の魂 百まで-NOTE

元 NaGISA のなにがしさん、なんだかんだ元気にやっているようで良かったね。



奥さんのオカリナ Blog は時が止まったままだけれどさ。



23:10  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.09.17 (Sun)

過去と決別するようなもの-NOTE

今日は一日かけて本を捨てていた。

優柔不断な自分としては思い切りが良く、80 点くらいの自己評価をしてあげたいくらいなのだけれど、残りの 20 点がどうにかならなかったのかなあ? と心残り。

まあ、またしばらくすれば気持ちも変わるかもしれないので、今回はこれまで。


とりあえず、中身を読み返さずに表紙だけのイメージをもって判断すると、余計な時間もかからず悩むことも少ないよ。



01:02  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.09.05 (Tue)

「殺人犯の you を捕獲しに来たんだよ」-NOTE

『仮面ライダービルド』。



OP が省略されて『Be The One』をきちんと聴けなかったとガッカリした人は、『クウガ』や『カブト』の第一話を観てみよう! あんなにカッコ良い導入はないわ……。



開始数分で「今回も『仮面ライダー』と呼ばれるライダーか……」と苦笑い。

それにしても、ビルドのあの風貌から「仮面ライダー」という呼称を思いついた人の、その発想力がすごい。

あんなのパッと見、「赤鬼青鬼」じゃん。走行中を目撃されたとしても「バイクを乗り回すカラフルな妖怪」って感じだよ。(ナイトローグも一本角だったし)

まあ、近未来 (か別宇宙) の日本が舞台だから、それこそ「ベルトをした異形のなにか=仮面ライダー」という認識があるのかもしれないけれどね。

さすがに「平成」も「TV シリーズ自体」も終わっていそう。



それと、ものすごく今更なのだけれど。

例えば、音声認識でシステムが作動するとか、あるいは感情が高ぶって思わず叫んでしまったとかならともかく、いちいち毎度毎度、仮面ライダーに変身しようとするとき「変身!」と宣言するのは、おかしいといえばおかしい。

いや、これは個人的に仮面ライダーでいちばん好きな要素だから、まったくいまのままで良いのだけれど、「変身!」と言わなくても成立するライダーもいたよね、おそらく。



…… YouTube に『Be The One』の MV が出てる。avex の公式のヤツ。

さすがにアイドルの歌唱とはモノが違うなあ。



01:09  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT