10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.08.07 (Mon)

ダブルネックボトルとか出てきたら 笑う-NOTE

ビルドドライバー、あのぐるぐるレバーは邪魔だよね。

映像を観ると、余計に『W / double』のダブルドライバーに近しいものを感じているのだけれど、カッコ良さの点においてはあまり似ているとは言い難い。

というか、直近のシリーズはドライバーがブスだった。その路線。

ただし、番組の対象であるお子様方は、あのレバーをぐるぐる回すのが大好きなのだろうから、キッズトイとしては正解なのだろう。印象としてはブスだけれど。



しかし、過去シリーズを振り返ってみると、例えば『電王』のベルトなんか「これ、売り物になるの?」ってくらいシンプルだったよね。

アクションとしては「ボタンを押してパスをかざす」だけだものなあ。それでなんとかなるのだものなあ。

「変身!」



00:51  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.07 (Mon)

現状維持-NOTE

月末、通信料に余裕があるし、新しいソシャゲでも始めてみようかと思って store を覗いてみると、ほぼもれなく悲愴な内容のレビューがついていて、苦笑い。

ソシャゲはほんと水もので、もともとどれだけ支持されていようが、おなじ仕様のまま延々とサービスが続いていく……ということはないのだな、と感じる。

それでも、仕様変更くらいならまだ良いほうで、下手をすると気がついたときには「サービス終了のお知らせ」になることもある。



あ、ちなみに『Transcend Heroes』は、『仮面ライダービルド』の開始を待たずに、お亡くなりになりますwww

レアリティ 6 の実装、アクション要素の追加、マルチの導入、タイトルの変更までしてがんばって? いたのに、長くなかったなあ。

まあ、基本的に特攻・周回ゲーだったし。マンネリしていたのかな? マンネリはどこにでもあることだけれどね……。

個人的には、各ライダーにレアリティ (による性能の差) があることに、どうもしっくりきていなかったので、ほとんど悲しくない。

スマホレベルのグラフィックスでは、仮面ライダーのカッコ良さを表現するのに充分とはいえなかったし。

さーて、容量が浮くぜwww



store のレビューで良く見るのが、「ガチャが渋い (運営死ね) 」対「ガチャは確率 (嫌なら辞めろ) 」論争。

でも、例えば万単位で課金して結果、散々なことになったとしたら、愚痴のひとつでも書きたくなるのもわかるよ。人情としては。

個人的には、重・廃課金ができる人たちの経済観念には、まったく共感できないのだけれどもね。



00:38  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.05 (Sat)

死にたい-NOTE

今夜の『あるある晩餐会』、まさか仮面ライダー回だとは知らなかったので、あたまが数分、欠けちゃった。

死にたい。




最悪、昭和ライダーの紹介 VTR くらいだったから、問題ないといえば問題ないとも言えなくもないかもしれないけれど、ムカつくよーッ!

ただ、『アメトーーク!』とは切り口が違い、なかなか良い内容だった。まあ、さすがに本物のライダーをゲストに呼んでおいて、お笑いにはしづらいだろう。さっしーも喜んでいて良かったね。



あと、ビルドの後ろ姿、スッキリしていて良いな。後ろ姿美人。



23:39  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.08.03 (Thu)

ぼく せんと くん-NOTE

仮面ライダービルド』、制作発表がきて予告動画がきて、ハッピー。



なんとなく、『エグゼイド』からの揺り戻しで「仮面ライダー的な」モチーフになったのだろうと思われていた『ビルド』だけれども、詳細を知るとそれ以上に、平成二期の集大成と位置づけて、ドラマづくりに臨んでいるように感じられた。

一見、『W / double』に似ているように感じるのも、そういう意気込みの表れなのかもしれない。

こじつけレベルのものだと、動画に出てくる「歯車 3 つ」は『OOO』を想起させるなあ、とか。(実際は、ビルドドライバーのデザインにおなじものがあるから、ビルドのアイコン的なものとして出てきたのだろうけれど)

主人公が「科学者」でヒロインが「超能力? 少女」というのは、『ゴースト』のあのふたりを反転させたかのような設定だなあ、とか。


と同時に、「ノリ」ではなく「謎」でもって物語を引っ張っていくという宣言は、平成一期へのリスペクトも感じられて心証が良い。

とはいえ、ブチ上げた公約をきちんと全う出来るかどうか、最近のシリーズを見ていると、やや不安もあるのだが。(『ゴースト』の特別先行動画は面白そうだったね)


あとは、主題歌がひさびさの女性ボーカルということで、それだけでなんだか満足。(これも集大成の印象)

「男児向けのヒーロー番組なのだから、やっぱり男性ボーカルでないと!」という意見の人もいるのだろうけれど、曲がカッコ良くて歌い方がカッコ良ければ、女性でも問題ない……というか、そのほうが良い。

主題歌担当に並んでいるなまえがまた濃ゆくて、楽しみというかなんというか。



01:04  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.31 (Mon)

ばくはしましょう!-NOTE

『アメトーーク!』の「スーパー戦隊大好き芸人」。



番組内で『ゴレンジャー』の必殺技が笑いものにされていたが、個人的には、わりと良く考えられていたように思えた。

この必殺技は、現在のシリーズでいえば巨大ロボ戦に相当する、エピソードのクライマックスともいえるものだろうから、印象を強くするためにもいろいろと試行錯誤が成されたのかもしれない。

最近のシリーズでは、巨大ロボ戦がオマケというか、「流されて」しまっていることも少なくないので、それと比べればまだマシなのではないか、と。


しかし、スーパー戦隊は笑いものにされても、仮面ライダーほどには腹が立たないなあ。なぜだろう。



00:15  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.30 (Sun)

ジードとは 似て非なるもの-NOTE

現在放送中の『仮面ライダーエグゼイド』は 8 月で終わり、『仮面ライダービルド』が始まるらしい。

これにより『エグゼイド』は、過去の同シリーズと比べて若干、短い話数で終わることとなった。


(テレ朝の日曜朝は 10 月に大きな番組改編があるらしいが、それに合わせて番組視聴を切られないように、あえて「10 月よりも早」く『ビルド』を開始したかった……という思惑が働いている……らしい。

要は、10 月のそれは単なる放送枠の移動でしかないのに、「『エグゼイド』終了とともに仮面ライダーシリーズも終了」と勘違いされては困る……ということらしい。

シロート考えでは「ものすごくスポットを打って周知させれば良いのでは?」と思ってしまうが、そうカンタンなことでもないのだろう)



この事実とともに振り返ってみれば、『エグゼイド』の持ち味であるスピード感のある展開は、スケジュールの都合に上手く合わせるために、少しずつ「巻いて」いった結果ということになる。

『ビルド』の開始時期の噂を耳にしたとき、このことに気づいて、「制約が作品にとってプラスに働くことがある」という先人のことばに、なるほど得心した。




それにしても、『ビルド』の主人公は「天才物理学者」なのだそうだが、あんなわけのわからないテクノロジーで「変身」することに、疑問を持ったりしないのだろうか。

いや、「物理学者」って、トンデモ科学者がトンデモパワーでトンデモドライバーを開発する仮面ライダー世界においては、ちょっと現実的すぎるというか。「ゴーストだから変身できる!」とか言われれば、まあ、そうなのかとも思うのだが。


ん……、なにかカブト虫臭がする!



02:24  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.30 (Sun)

元気?-NOTE

ボーッとしていたら、時が経っていた。




肝試しで廃旅館へ入ったら書類送検」というニュースは、怖い話の動画を観るたびに思い出すのだろうなあ。

「廃墟で肝試し」はド定番の設定だから、どうしてもね。

現実にはこうなることもあるという。ある意味、呪いで痛い目にあうよりも厄介だ。



01:52  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.06 (Thu)

始まるときは盛大に 終わるときはひっそりと-NOTE

ガムベースさんは別にあなたを喜ばすために生きてるわけではないですし」という指摘は確かにそのとおりだなあ。

わたしは偏見も好き嫌いも強い人間なのでね。申し訳ない。


というか、ガムベースさんとは仲良くなれない星の下にいたと、なんとなく感じていたのだから、深入りするべきではなかったし、twitter アカウントを探すべきでもなかった。それがお互いのためだった。

(なぜアカウントを探したのか、覚えてもいないのだが)


無節操に対応するのも控えたほうが良いのかな。



21:17  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

2017.07.06 (Thu)

風邪ひいた-NOTE

悪寒とダルさがヤバい。



ガムベースさんを悪く書いたバチが当たったのかと思えるくらいツラい。



21:08  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.07.05 (Wed)

やっぱり-NOTE

そもそも論として、わたしが『公園』を読もうなどと思わず、ずっと忘れていればよかったのだなあ。



ガムベースさんには申し訳ないことをしたよ。



01:29  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.06.24 (Sat)

なんにせよ 死ぬとき は死ぬ-NOTE

最近、生きているもののほうが「いのちの夢」を見ているのではないか? と考える。


つまり、わたしたちの人生こそが短い夢で、いずれは死へと「目覚めていく」のではないかと。


そうすると、例えば幽霊なんかも、死を「有が無に転ずるもの」と捉えるからおかしくなるのであって、単に寝起きが悪いだけだとすれば、なんとなく納得できる……気もする。


とはいえ、生きているうちは生きているものとしての物の見方しかできない (墓も葬式も生きているもののためにある) し、真実がどちらであるにせよ、生きているものにはどうでも良いことではあるのだが。



00:44  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.06.16 (Fri)

アラフォーだって生きている-NOTE

テレビ東京の深夜ドラマ『怪奇恋愛作戦 (再) 』、ホラーの様式に則ってなのか、最終エピソードはバッドエンドになっていて、それがすこし寂しい。



それまでハチャメチャをやっていたのだから、最後までそのまま笑って終われば良かったのに、と。



まあ、別に悲惨なオチというわけではなく、笑えるといえば笑えることになるのだけれど、ハッピーエンドではない。切ない。



01:05  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.06.13 (Tue)

偽典-NOTE

ガムベースさんにコンタクトするかしないか考えているときに思ったのだけれど、これ、例えば一年後に自分 (の意欲) がどうなっているか、わからないのだよなあ。

数年前ならともかく。


まあ、止めるにせよなんにせよ、さすがに「証」を遺しておかないと、とは感じている。

最後の最期まで嘘吐きでいるのもねー。



23:38  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.06.10 (Sat)

低い空の場所-NOTE

木曜日、とある事情で病院に行った帰り、幼少期を過ごした記憶の場所に寄ってみた。

なんとそこは、まさかの住宅街だった。



……正確には住宅街になっていた。

おそらくは、わたしが引っ越してからだんだんと整備されていったのだろう。考えれば、もう十年以上も経っているわけだし。

見慣れない壁の群れに、やはり気味の悪い思いをした。


その後、通学路を辿って通っていた小学校まで行った。当然、移り変わっているものも多いが、そのなかに当時から時が止まったかのように変わらない風景もあった。

個人的にはその混在のありさまが意外で、不気味だった。これがまったく知らない風景ばかりなら、まだ納得もできるし清々しくもあるのに。なにかを思い出すわけではないが、どうもチグハグな印象だった。


とりあえず、過去を振り返るようなことはするものではない。



02:08  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.06.07 (Wed)

暗黒領域-NOTE

思い返してみると、わたしはいわゆる「住宅街」と呼ばれる地域に住んだことがない。

ほとんどが目の前に大きな道路のある集合住宅だったり、あるいは利便性をとった駅近などだった。


そういう「わかりやすい」環境で育ったわたしからすると、一戸建てが密集し、見渡す限りぐるりと家、家、家……の住宅街は、けっこう不気味なものに感じられるのだ。

特に、坂の多い土地に行くと、方向感覚もゴチャゴチャと良くわからなくなってくるし、それがますます異次元じみてきて、怖ろしい。


あの、アリの巣のように入り組んだ住宅街の奥で生活していると、わたしでは想像もできないような感性が磨かれていくのかもしれない……と考えた。

なんなら、ホラーでも書けそうなくらいだ。



01:55  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.05.21 (Sun)

巡る夢-NOTE

最近リニューアルした Hulu 、動画の画面サイズが以前より大きくなり、それがなんだか嬉しくて『クウガ』の一話目と二話目を観る。最高!

その後に、他のシリーズの一話目を観ていて『カブト』に行き着いた。やっぱり『カブト』はカッコ良いなー!


と同時に、いままでまったく気がつかなかったのだけれど、意外と『カブト』は『クウガ』を意識している部分があるのかもしれない、と思った。

二話目に真の姿が現れるところとか、OP の導入のぶった斬るように食い込んでくる演出とか。カブトの赤いスーツデザインもクウガのそれをリファインしたかのようにすら見える。

もちろん、やっていることや目指しているものは交わらないのかもしれないが、『カブト』が仮面ライダーのアニバーサリーを謳っている作品であることからすると、まったくない話でもない……のではないだろうか。


ただしかし、逆に『クウガ』と『カブト』では時代性が異なるのだな、と感じさせる点も多い。だんだんいろいろとクセが強くなってくる時期だったのだろうか。『カブト』は『クウガ』とも違うし、現在の『エグゼイド』ともまた違う。なにか変な時代だったのだな、あの頃は。

あと、『カブト』にはまだハードな空気感が残っていた、というのが驚きだった。(少なくとも序盤の) ZECT や「渋谷隕石」といったあの雰囲気は、いまはもう出せないのではないか。『クウガ』の容赦のなさには及ばないものの、やはり平成一期、といったところか。

主人公以下、ほとんどの主要メンバーが突拍子もないだけの物語ではなかったのだな。記憶のなかではそういったイメージだったのだけれど。まあ確実なのは、ヒロインの暗さは平成シリーズ随一。クセ強。

そう考えると、いずれまた時代が変わって、一期とも二期とも異なる、新しい雰囲気を纏った仮面ライダーが制作される可能性もある、ということか。



そういえば、十年ほど前にチェーンの中古屋で、『クウガ』の DVD 全巻セットが三万円くらいで売っていたのだけれど、アレを買わなくて良かったなー、と思い出した。

それから時を経て、月額たったの 1,000 yen で、おそらく DVD よりも高画質な動画が観放題の時代がやってくるのだから。あの当時はものすごくほしかったのだけれどね。



02:00  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.05.21 (Sun)

J3P-NOTE

というか、仮にお勧めや、感想を共有したいノベゲがあるのだとしたら、誰かに教えてほしいくらいだ。



なにか、とっかかりを失っている。



01:02  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.05.06 (Sat)

怖い話、男性の体験者が 圧倒的に多い のは なーぜー?-NOTE

最近、YouTube で怖い話の動画を探してみた。

目についたのは怖い話 (おそらく『洒落怖』から拾ってきたもの。「これ知っている」というものも多い) を声優さんが朗読する、というもの。

関連リンクを見てみると、複数のチャンネルが似たようなことをしているようなので、ある種、ホラー動画のジャンルとして確立されているらしい。

この動画、内容を読み上げてくれるだけに、作業中に流す用には最適で、声優さんの演技力の善し悪しはあれど、なかなか怖い思いもできる。(集中しすぎると内容がまったく入ってこなくなることもあるのだけれど)


それでふと、「視覚的情報の文章と聴覚的情報の朗読、同時に流れるそれらが一見、無関係なようで、実は相互に関連しているようなノベゲ」があったら、面白いかなあ、と考えた。

ただすぐに、映画のなかの外国語とそれを訳した字幕スーパーを同時に楽しめない人も増えている昨今、その情報量の多さはストレスフルかなあ、とも思った。


あと、尺が長いものになると、動画の途中でもヘーキで広告が割り込んできて、ビックリするやらホッとするやら。



02:11  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.05.06 (Sat)

ドラマティック-NOTE

SR サイタマノラッパー ~マイクの細道~』が面白い。

このシリーズに関する予備知識はまったくなく観始めたのだけれど、第一話ですぐに惹き込まれてしまった。

この掴まれ方がまさしくエンターテインメント、オープニング映像を観るだけでも続きが気になって仕方がない。嬉しい。


同じく、テレ東今期のドラマ再放送枠である『怪奇恋愛作戦』も、変わらずヘンテコでやっぱり面白い。

わたしは映像が好きなのだなあ。



01:36  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017.04.09 (Sun)

DEMONS-NOTE

親しくしてくれている友人に「実は嘘をついていましたー」と告白するのは、なかなか心苦しく、勇気がいるものだ。

誰もがネット上での人格を「演じている」のだとしても、相手に対して誠実でありたいと欲するとき、自らの行いを恥じることもあるのである。



02:04  |  +はしがき  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT